CONTENTS コンテンツ

コンテンツ コンテンツ

ブラジルハニーショコラの豆とは?~特徴や味を解説~

こんにちは豊東珈琲工房です。皆さんはどんなコーヒーを普段飲まれているでしょうか?ブラジルのコーヒーを良く飲まれている方は非常に多いのではないかと思います。ブラジルといえばコーヒーの最大産地としても有名ですが、その中でもどんな豆があるのか等はよく知らないという方も多いのではないのでしょうか? 今回はウチのコーヒー豆でも特に人気のあるブラジル ハニーショコラについてご紹介したいと思います。 どんな香味や特徴を持っているか、どうぞご覧になってください。

ブラジルハニーショコラのコーヒー豆とは

ブラジルハニーショコラのコーヒー豆とは

ブラジル南東部に位置するミナス・ジェライス州のサンアントニオ地区にて栽培されているコーヒー豆になります。品種はムンドノーボ、カトゥーアイ、ブルボンが混じっており、標高950~1200mのコーヒーとしては比較的低地での栽培がされています。欠点豆の非常に少ないサントスNo2というブラジルでも最上級の豆が取り扱われています。精製方法はブラジルでも伝統的なナチュラル製法で風土の特徴をよく表現できる豆に仕上がります。5月~9月の時期が収穫時期となり、生産者組合に加盟している複数の農園で栽培されていることから比較的多く流通している豆となります。

ハニーショコラの味や香りの特徴について

ハニーショコラの味や香りの特徴について

ビターチョコのような香ばしいカカオフレーバーが大きな特徴となります。甘味やコクのあるムンドノーボが混じっていることもあり、コーヒーとして完成した時は甘味とコクもかんじられますが、しっかりした苦味もありコーヒーらしいともいえるコーヒーを飲めます。

オススメの飲み方

オススメの飲み方

コーヒーとしてしっかりしたボディやコクを持っていることから、コーヒーの成分をダイレクト味わえるフレンチプレスなどはお勧めです。また豊東珈琲工房では豆自体のコクや苦味を活かすため中深煎りに調整して焙煎をしています。こちらの焙煎度ではブラックでビターチョコの風味を味わえますが、あえてミルクや砂糖を混ぜてチョコレートの様な風味に仕上げてお楽しみいただいても良いと思います。
下記リンクから商品ページに移動できますので、ぜひご覧になってください。

【通販】自家焙煎コーヒー豆 ブラジル ハニーショコラ

お買い物はこちら お買い物はこちら