CONTENTS コンテンツ

コンテンツ コンテンツ

美味しいコーヒーのいれ方~ペーパードリップ式について~

皆さんはコーヒーを自宅で淹れる時にどのような淹れ方をしていますか?コーヒーの淹れ方にはペーパーやネルといったドリップ式やフレンチプレスのような浸漬式、トルココーヒーのように煮出すといった手法もあります。また、ドリッパーの形状や圧力をかけるといった新しい方法もどんどん出てきています。
今回は日本でも最も多くの人が使っているであろうペーパーフィルターを用いたドリップ式の淹れ方について書いていきたいと思います。今回ご紹介するのは基本的な淹れ方となります。ドリップ式は自分好みの味を作りやすい淹れ方になりますので、今回ご紹介する淹れ方を元にぜひ好みの味を探してみてください。

ペーパードリップの特徴について

ペーパードリップの特徴について

そもそもペーパードリップとはネルドリップと呼ばれる布フィルターでコーヒーを抽出する方法を簡略化したものです。布製フィルターや金属製フィルターに対してフィルターが使い捨てのため手入れの手間がかかりません。またフィルターの目も細かいためコーヒーの雑味成分等をしっかり濾してくれてスッキリした飲みやすい味わいにしあがります。
簡略化された手法とのべましたが、フィルターの種類をはじめとしコーヒーを作る様々な要因が複雑に絡み合った道具でもあり、自分なりの味を作っていく楽しみもあります。

ペーパードリップに必要な器具

ペーパードリップに必要な器具

ペーパードリップにてコーヒーを淹れるにはいくつかの道具が必要です。他のもので代替できるものはありますが、やっていくウチに味にこだわりが出てくると思うので、できるだけ再現性を持たせることができるよう、最初にある程度揃えておくのをオススメします。

ドリッパー

フィルターをセットしてコーヒーを抽出するための道具です。注がれたお湯にフィルター内でコーヒーが抽出され、ドリッパーの穴からサーバーへコーヒーが落ちていく仕組みとなります。
三つ穴式や一つ穴式、樹脂製だけでなく陶器性のものや金属製のもの様々な種類のものがあります。
最初に買うものとしてはハリオやメリタ、コーノ式の樹脂製ドリッパーが安価でオススメです。

ペーパーフィルター

抽出したコーヒーを濾してドリッパーからサーバーへと落とす道具です。使い捨てなので手入れの必要もなく、お手軽に使用できます。
こちらもドリッパーに合わせて様々な形があるので、ドリッパーに合わせた形状を選びましょう。
またよく見かけるのが漂白された白色のフィルターと漂白されていない茶色いフィルターですが、どちらを使用しても安心なので好みで使用しましょう。

サーバー

抽出したコーヒーを貯めておく道具です。ガラス製でメーターの付いているものが多いですが、再現性を求めるならメーターは目安程度に思っておいた方が良いです。
一杯分淹れるだけならカップに直接ドリッパーをセットしてもよいです。

ドリップポット

お湯を注ぐための道具です。一滴一滴でお湯を注ぐ鶴口ポットやお湯を細く注ぐことのできる細口ポット等があります。今回紹介する淹れ方は蒸らし法と呼ばれる方法で、細口ポットが向いている淹れ方となります。

キッチンスケール

コーヒー粉やお湯の量を軽量するための道具となります。作るコーヒーの再現性を高めるためには、サーバーのメーター等より重さで測るのが一番正確な軽量となります。

キッチンタイマー

タイマーというよりは経過時間をカウントできる道具であればよいです。お湯を注ぐ速さや量を知るためキッチンスケールと一緒に使っていきます。

温度計

お湯の温度でもコーヒーの味は変わってくるので、注ぐ時のお湯の温度を計測できるようにしておきたいところです。

基本となる淹れ方(コーヒーのレシピ)

今回はコーヒー一杯分の参考レシピを紹介します。
・材料
 コーヒー粉:15g
 抽出量:150cc(150g)
・手順
 ①サーバー(カップ)にドリッパーやフィルターをセットして、粉をフィルターにセットします。この時ドリッパーを軽く叩き粉を均一に均しておきます。
 ②お湯を沸かします。注ぐ時の温度を95度にしておきます。
 ③粉全体が濡れるようお湯を注ぎます。この時のお湯の量は30cc(30g)としてください。
 ④注ぎ始めた時からカウントして30秒蒸らします。
 ⑤以下の量を括弧内の時間をかけて注いでいきます。
  30g(30秒)⇒30g(40秒)⇒30g(40秒)⇒30g(40秒)
 ⑥全部を落としきったら完成です。
3分かけて150cc抽出しましょう。
上記のやり方を基準として、苦味を強くしたい4回目、5回目の抽出時間を40秒から長くする。酸味を味わいたい場合は逆に4回目、5回目の抽出を手早くするといった方法があります。

手軽でシンプル、けれど奥深いペーパードリップにぜひ挑戦してください

手軽でシンプル、けれど奥深いペーパードリップにぜひ挑戦してください

今回紹介させていただいた抽出方法はペーパードリップの一例にすぎません。粉の量や挽き方、蒸らし時間に抽出時間にお湯の温度等ペーパードリップでコーヒーを淹れる時には様々なコーヒーを作る要素を自分で調節することができます。ペーパードリップでコーヒーを淹れる基本を知っていれば、「苦味を出したい、マイルドにしたい、もっと香り立つにはどうしたらよいか?」等々試行錯誤を楽しめるでしょう。自分なりの味を作るのにぜひ挑戦してみてください。

お買い物はこちら お買い物はこちら