CONTENTS コンテンツ

コンテンツ コンテンツ

コーヒー豆のモカとは?~味や特徴、概要について~

コーヒーの始まりには諸説ありますが、最古のコーヒーといえばモカとなるでしょう。有名な歌にもなっているコーヒーはモカですが、一口にモカといっても種類があったり、その種類ごとに味や香りといった特徴の違いがあったりします。今回はそういったモカ・コーヒーについて概要や味特徴といったことを書いていきます。古いコーヒーであるモカ、そのモカについて知ることでコーヒーをより楽しんでいただける一助になればと思います。

1.モカというコーヒー豆とは?

1.モカというコーヒー豆とは?

コーヒー豆の種類を選ぶとき産出国が名前となっていることが、ほとんどだと思います。では聞きなれないモカとは何なのでしょうか?

・モカという言葉の由来について

モカとは現在のイエメンの首都サナアの港「モカ港」が名前の由来となっています。このモカ港からイエメンおよびエチオピアのコーヒー豆が輸出されていたことから、イエメンやエチオピアの豆が「モカ」という商品名で扱われています。

・モカとモカマタリの違いについて

モカという名前がイエメンの港に由来することは先にも述べましたが、モカにも種類があります。
現在ではエチオピア産の豆を「モカ」、イエメン産の豆が有名な「モカマタリ」となります。
各々の特徴については後述させていただきますが、一口にモカといっても由来や特徴に違いがある点が面白いですね。

2.エチオピア産(モカ)のコーヒー豆について

2.エチオピア産(モカ)のコーヒー豆について

モカの中でもエチオピア産の豆について紹介していきます。

・概要

コーヒー豆の中でも古い歴史を持つ、アラビカ種発祥の地と呼ばれるコーヒー産地です。大規模な農園は少なく、ガーデンコーヒーと呼ばれるような小さな農家の集合体で栽培を行っています。カファやシダモといった地区によって分けられています。

・香味の特徴

華やかな香りを伴うフルーティーな甘みが特徴的なものが多いです。また少々深めに焙煎しても苦味やコクの中に甘いモカの香りを楽しむことができます。

エチオピアの豆の種類

先にも述べましたが、エチオピアの豆には地区によって色々種類があります。
・モカシダモ
・モカハラー
・モカアビシニア
・イルガチェフ
各豆についてはそれぞれに別記事を立てたいと思いますが、有名なものの一つであるイルガチェフなどはシダモ地方の豆の中でもイルガチェフ地域の中でのみ栽培された高品質の豆となります。

3.イエメン産(モカマタリ)のコーヒー豆について

3.イエメン産(モカマタリ)のコーヒー豆について

モカの中でもイエメン産の豆について紹介していきます。

・概要

こちらも大規模な農園はなく、小規模な農園で栽培されています。精製方法はナチュラルがほとんどで自宅の屋上等が乾燥所として使用されていました。

・香味の特徴

赤ワインのような甘味やチョコレートのようなアフターテイスト、またスパイシーさを感じることができるコーヒーです。

4.豊東珈琲工房のモカについて

4.豊東珈琲工房のモカについて

豊東珈琲工房ではエチオピアの現在モカシダモを取り扱っています。こちらの豆はカフェインレス仕様となっており、中煎り焙煎でスッキリした飲み口とアーモンドのような甘く香ばしい香りが特徴となっています。味の方はコクやボディが軽めなので、ミルク等を混ぜ甘い香りと味を楽しむのがオススメです。
ぜひご賞味ください。

【通販】自家焙煎コーヒー エチオピア モカシダモ カフェインレス

お買い物はこちら お買い物はこちら